ふくろうママのお料理ノート

日々の晩ごはん作りを楽しもう!

季節を味わう『ふきと鶏つくねの炊き合せ』

ふくろうママの独り言♪

こんな事ってある!

ふきのとうが成長して、ふきになるわけではない⁉」

これには驚いた!

ふきのとうは、雪を割って 早々に顔を覗かせる春の使者 ♪

花が終わったふきのとうは、茎をぐんぐん伸ばして大きく育ち、ふきになる。

ところが、この信じて疑わなかった知識が「大間違い」

ふきのとうは綿毛を飛ばし、別の場所へ次の世代を送ったら枯れる。

ふきはふきのとうの茎ではなく、後に同じ地下茎の別の場所から出る葉柄(ようへい)と言われる部分で、一つの株から花と葉柄が別々に育つ特殊な植物のようです。

ご存じでしたか?

今日はそんな季節の味が食卓に載りました♪

♡ふきと鶏つくねの炊合せ

【材料:3~4人分】

ふき 1束

人参 小1本

鶏ミンチ肉 200gくらい

刻み葱 適量

生姜微塵切り 大さじ1

きぬ厚揚げ 1丁

【煮込み汁】

和風出汁 3cup、味醂(大3)、醬油(大3)

【下処理】

Ⅰ)ふきー灰汁抜き

ふきを調理器具の口径に合わせて切ってから、まな板の上に置き、塩を振りかけて板ずりをする。

湯をわかして、塩付きのままのフキを入れて5分ほど茹でる。

水に放って粗熱を取り皮を剥く。

*フキの先から4~5㎝程ぐるりと皮を剝いて、皮の先をまとめて持って下へ引くと上手に出来ます。

Ⅱ)つくねを準備

鶏ミンチ肉(200g ∼)に酒(大1)、刻み葱、刻み生姜、片栗粉(小1)を加えて良く捏ねまぜる。

具をスプーン等で掬って、たっぷりの沸騰した湯に落とし、浮き上がったら取り出す。

Ⅲ)厚揚げ(きぬ)に熱湯をかけて油抜きをする。

Let's start ♪

①先ず、和風出汁300ml に 人参輪切り(5~6mm)を入れて煮始める。

②人参に八分通り火が通ったら、分量の調味料(味醂-大3、醬油-大3)を足して、残りの具材を入れ、クッキングシート等で落し蓋をして10分程煮込む。

③火を止め、そのまま置いて味を馴染ませる。

-------------------------------------------
☆ご訪問ありがとうございます!(#^.^#)

☆ブログランキングに参加してます☆

↑↑ ぽちっと応援のクリックをして頂ければ嬉しいです!


にほんブログ村 料理ブログへ



-ひき肉料理, 晩ごはん献立, 煮物, 野菜料理, 鶏肉料理
-, , , , ,